2017-10-10

2017年版 充電器についてのあれやこれや

以前書いたりもしましたが、その更新版。



以前書いた記事では個人的にあったらいいなと思うとこでしたが
現状こんだけミニ四駆人口も増えてきて、ヤフオクやマケプレでも高値で取引されており
なかなか手に入れることができない現状があるので
更新版として手に入るおすすめ充電器を載せたいと思います。

EBL iQuick充電器
エナジャイザーの日本販売が終わり、それに代わる代替機としての筆頭。
最大のメリットは、とにかく小さいことと、USB給電なのでモバイルバッテリーでも動くということ。
ある程度の大容量タイプのモバイルバッテリーなら1日の大会くらいなら継ぎ足し充電でもちます。
 
ちゃんと満充電してくれる上に、結構深めに充電するのでちょっとした追充電にもなります。
あと価格も良心的な価格。
ちょっとした立体レースならこれで十分じゃないでしょうか
 


以前紹介したアトランティス スマートチャージャー106BのOEM品
安くて機能は全くおなじ。
これと販売元がちがった同じものが
Charsoon Antimatter 10A 250W バランス充電器


色が違うだけでこちらも同機能。コスパもよくおすすめです。
※ただし安定化電源かACアダプターが必要

ハイテック Universal Battery Charger X4 AdvancedPRO 44250

使用者の多いハイテック charger X4 AdvancedIIの上位互換機
サイズも一回りくらい大きいですが、機能面が大幅に拡張されています。
・サイクルのプログラムが任意に設定可能
・トリクル充電のOFFが可能
・バッテリーのホールドがバネスライド式なので、電池端子を傷めにくい
・絞り放電機能があるため、しっかり放電できる

個人的には家での管理はこれで十分です。
なにせトリクルOFFと絞り放電の機能があるので、
単セルでの管理が放置しておいてもまったく問題なくできるメリットはでかい。
ただやっぱり、お値段が張るのがちょっとネック。

個人的な使い方としては
家での単セルでの管理や充放電、慣らしを③でやって
レース前や起きた電池を2セルで②を使用
立体コースなら①で継ぎ足し(フラットだと物足りない)

みたいな感じで使っています。

3レーン立体においては、このあたりの電池の管理って結構重要になってきているので
参考までにお考えください。

0 件のコメント:

コメントを投稿