2014-02-12

2/9 倉敷カツフラ走行会

















岡山カツフラ界の3傑、バスターズさん主催のカツフラ走行会へ参加してきました

 

去年12月のマツカワさん主催のMTMチャレンジカップに参加して依頼のカツフラです。

1年越しに挑んだ大会でしたが、まだまだ上位勢との実力、経験の差を感じ
いろいろな方々のマシンを見せて頂いて、自分なりに改修したマシンをつくろう!

と思っていたのですが、シャーシ構造こそ真似してみたものの
急遽広島公式に参加したため、1週間の急ピッチでマシンを組み上げる。

結局タイヤが間に合わない!と思って、前回のMTMのタイヤをリテイク
慌ててやったため、精度がお察し過ぎて、窓からぶん投げたくなるレベルのものを
投入せざるを得ないw

なけなしの水色VSを投入して、シャーシ構造だけはきっちり仕上げる。






















重量はこんなもんかと思います。
MTM時からの改修点は、フロントバンパー周り。
テンションバー方式に変更。軟化バンパーだとどうしても右前のしなりが気になったため
ねじれ自体をシャーシの中心にしっかり持ってこれるように硬めのほうが
いいんじゃないかと。


あと今回は某ステーションからまおちゃんを無理やり召喚w
理由は、関西からOSK主催のOSK田中4級さんが来るから。
彼らの共通点は、X、XX使いであるということ。
まおちゃん最近速度不足で悩んでたフシがあるので、いい経験と思って誘いました。














レイアウトは第二回のMTMと同じコース。
ぱっと見の高速コースに見えますね!


9時前に会場到着。
コース組み立てて、関西勢合流しつつ、セッティング開始。

今回はただの走行会なのでマシンはカツカツかもしれませんが
雰囲気はゆる~くまったりと。

全長203.15mなので、秒7ラインは29.02
とりあえずこのラインを目指しアタック開始


何本目かに28秒台をだして何とかクリア。
マシンの出来から考えたら、こんなもんかなーと思いながら
みんなのタイムを眺めつつ充放電を続ける。
加えてモーターもまだまだ慣らし続けて、もうちょっと改修できるとこはないか眺める。

セッティングしていると田中さんがとんでもタイムを叩き出す。
まさかの26.197秒かよ…

2秒差…これが経験の差なのか…

そうこうしているうちに、 バスターズさんも26秒台突入。
現実は厳しいなぁ…


いやいやそうは言ってもアタックせねば!と思い

・スラストを抜く
・リア下段を圧の関係で回らない830をまわる850に
・電池をきっちり放電し、基礎からやり直す
・追い充電のタイミングをきっちり合わせる

これを目標にペースをあげます。


数回アタックを繰り返すうちに
週徊ラップがなんとか8秒台に!
これはいける!と思ってアタックし続ける。

LCで飛ばされまくったりしましたが
昼過ぎくらいにLCクリア!



タイムは26.629!


キタ――(゚∀゚)――!!
田中さんには及ばなかったですが、なんとかバスターズさんをも凌ぐ好タイム!

これはいけるんじゃないか!
放電しつつ、更にスラスト抜いてみるが、やっぱりLC入らないwww

あ、桁が外れかけ…
応急処置的に接着してたら

結局バスターズさんに抜かれる…


くそう…


その後もアタックし続けるが、LC入らないが入らないwwww


結果
















なんとか3位!

うしろに雑工さんとうっちーが迫ってただけにビビりまくりんぐ。


バスターズさんに抜かれてから、週徊8.7秒くらいで回ってたこともあって
もうちょっと詰めれたらいけた感があるだけに悔しい感もあるけど
こういったカツフラレイアウトでアタックしてまずまずの結果を出せたので
それはそれで収穫が多かった!

ただやっぱり上記にも書いたように準備不足と精度の悪さがどうしても残念。
終わったあとにたらればいっても仕方はないんですけどね。


特にいろんな人にマシンを見てもらって
指摘された場所を改修、自分で気づいた箇所も修正をほどこして
次のレースまでにしっかりと仕上げたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿